広島の不動産屋さん 笑顔創造企業フリート| いなかっぺ の社員日記| 東洋のマチュピチュへ

文字サイズ

  • 不動産情報文字の大きさ標準
  • 不動産情報文字の大きさ拡大

不動産住宅ローンの金融機関店頭金利情報

広島銀行|3年固定
0.95%
広島銀行|5年固定
1.15%
広島銀行|10年固定
1.35%
もみじ銀行|3年固定
1.10%
もみじ銀行|5年固定
1.10%
もみじ銀行|10年固定
1.20%
広島信金|3年固定
0.95%
広島信金|5年固定
1.15%
広島信金|10年固定
1.35%

社員日記

東洋のマチュピチュへ

東洋のマチュピチュへ

GW明けの5月はあっという間で、すっかり夏めいてきた今日この頃…

 

そのGWといえば、久し振りの帰省。

嫁さんは仕事の為、男だけの親子2人旅でした。

前々から帰省した時に是非行ってみたいと思っていたところが、住友別子銅山という隣街にある今は閉鎖された銅山です。

名前の通り住友グループの礎となった銅山の様で、昭和48年の閉山となるまで約280年間も掘り続けられた、日本を代表する銅の宝庫だったそうです。

祖父ちゃんが働いていたのもあって、親父とおかんを引連れてこの度行ってきました。

 

マイントピア別子という名で道の駅も兼ねた施設が、銅山観光の有名な施設ですが、それとはさらに山麓の別のところが今回の目的地。

「東洋のマチュピチュ」とよばれる、東平(とうなる)地区です。

鉱石を運ぶ線路・駅舎や鉱山を保管する施設、それらを麓に下ろすロープウェイ施設の跡と、雄大な自然とのマッチングがマチュピチュの様で、その名が付けられたそうですが、実に雄大でした。

こんな山奥に、当時働いている人の為に一つの街が形成され、不便なく生活していた事を思うと、人の力って本当にスゴイなと感じました。

 

皆様も、是非「東洋のマチュピチュ」で歴史を感じてみて下さい!

投稿日2014年05月31日

投稿者:いなかっぺ

ページトップへ