広島の不動産屋さん 笑顔創造企業フリート| ロッジ の社員日記| 東南アジア一人旅 第31話!

文字サイズ

  • 不動産情報文字の大きさ標準
  • 不動産情報文字の大きさ拡大

不動産住宅ローンの金融機関店頭金利情報

広島銀行|3年固定
0.95%
広島銀行|5年固定
1.15%
広島銀行|10年固定
1.35%
もみじ銀行|3年固定
1.10%
もみじ銀行|5年固定
1.10%
もみじ銀行|10年固定
1.20%
広島信金|3年固定
0.95%
広島信金|5年固定
1.15%
広島信金|10年固定
1.35%

社員日記

東南アジア一人旅 第31話!

東南アジア一人旅 第31話!

突然ですが、最近ちまたで話題の時事ネタを紹介。

①楽天マーくん、21試合連続勝利!

②映画『風立ちぬ』タバコ描写問題

③『はだしのゲン』過激描写問題

④真夏日!ここ最近の暑さ

こんにちは!ロッジです。突然の時事ネタをご紹介しましたが、わたくしロッジが一つ一つ回答させて頂こうと思います。

①マーくんを育てた野村監督が凄い!『マーくん神の子不思議な子』←この発想が凄い!

②まじか!っと思うくらい低次元な問題。「日本禁煙学会」はもっと他にやる事あるだろ!っと言いたい。ルパンはどうなの?次元タバコは?映画を観てタバコを吸う吸わないは本人の意思の問題でしょう最後は…。

③これもつまらん・・・。子供にこそ読ませるべきでしょう!

④そりゃ今、「夏」ですもん。異常気象だと言われても今『夏』だもん。暑いよそりゃ。早く涼しくなってほしいと言っても、寒くなったらなったで早く温かくなってほしいとか毎年同じコメントの繰り返しじゃん。たしかに夏に雪が降ったら異常気象ではありますが…。私が地球を操る神だったら、みんな好き勝手言いよるわって、ちょっと怒るね。

改めまして。相変わらず前置き長いロッジです。上記の話題については賛否両論あろうかと思いますが、なにぶん最近のニュースを観ていると、つまらなすぎる事が多くて・・・。ちょっと愚痴ってみました(._.)

さて、本題の「東南アジア一人旅」です。今回で第31話となります。前回の続きより、今回はナイトバザールと呼ばれる観光スポットをご紹介します。

タイのチェンマイに滞在している私ロッジは、以前お伝えしたトレッキングを体験し、しばらくフラフラ毎日を過ごしていると『ナイトバザール』(ナイトマーケットとも呼ばれる)の噂を聞き、是非興味があってその夜、観光名所のひとつともなっている夜市へ出かける。

写真は、ほんのほんのほんの一部であり、メインの大通りは約1キロくらい道路の両脇にズラーっと屋台や店舗、その他さまざまな店が軒を連ねます。

ロッジ・・・「おいおい、先が見えんじゃん。何この賑やかしい雰囲気」

お店の数は数え切れません。噂では全部で約700軒、伝統工芸品から食べ物、衣類関係まで合わせるとそのくらいの数になるらしいです。特に食料品を中心に扱う「アヌサーン市場」も近くに位置し、チェンマイ市内で最も賑やかな場所として知られております。しかも朝方まで。

ロッジ・・・「どんな店があるのかなぁ~。一通り、端から端まで行ってみよ!」

っという事で歩きだしたのは良いんですが、面白すぎて先に進まないときたもんだ(゜-゜)同じような店があったとしても、そこの店員が個性豊かで一つ一つの店で立ち止まってしまう。これ、わたしロッジは計画性も無い一人旅で時間がフルに使えますが、観光で来る人は時間がなさすぎて、不完全燃焼で終わってしまうんではと少々心配気味。

ロッジ・・・「いやぁ~、面白いなぁ~。今日は全部見ずに明日にでもこよっと」

などと、余裕かましながらお店を物色していると、なんと・・・

ロッジ・・・「何?なんで?いやいや、ちょっと場違いじゃろ」

っというお店発見。それは「水着屋さん」

ここ、チェンマイは、山に囲まれた地域でして、海に出ようもんなら車でも半日かかる場所でございます。それなのに水着!しかも女性物も男性物も角度の鋭い「ビキニ!」

ロッジ・・・「いやいや、もれるでしょ、この水着(゜-゜)こんにちは!ってポロリ有りでしょ!」

そんな水着ばかりで、とてもこの社員日記ではお見せ出来ないと思い、別のお店を掲載しました。さすがに「貝殻」はなかったですが・・・。古い?武田久美子はもう古い?

ここでひとつ、もしこの先皆様がこの「ナイトバザール」に行かれる機会がありましたら、ためになるポイントをアドバイスしたいと思います。それは・・・【値段交渉!】このナイトバザールでは基本的に商品に値札がありません。よって、交渉による買い物となります。なにぶん私ロッジは、本当にお金が底をつきそうな状態だった為、そうせざるを得ませんでしたが・・・。相手も日本人とわかると当然吹っ掛けてきます。まぁ、後に語る事にはなりますが、ベトナム程ひどくはありませんけど…。とにかく粘り強く行けば、最後は納得価格で購入できます。コツは、ほしい商品があった場合、この商品ならこのくらいかな?とか、このくらいの金額で買えれば私幸せ!っと思う金額をぶつけることです。参考に私の交渉を一部紹介。

写真にもあります、アクセサリー屋にて、一つ購入した実践例!

ロッジ・・・「タウライ?」←いくらっていう意味…だったと思う(・_・;)

店員・・・「400バーツ オーケェー!」←日本円で約1,000円くらい

ロッジ・・・「アホか!日本人だと思ってボルんじゃねぇよ。でもどうしてもこれはしいんよ~。なんとかなるじゃろ?ねぇ?何とかなるんじゃろ?」

っと、ここはわざと日本語のオンパレードで相手を困らす。

店員・・・「・・・・・・(@_@;)」

ロッジ・・・(ポケットからおもむろに小銭を取りだし)「これしかないんよ!」

その金額100バーツ←日本円で約250円。

店員・・・「ノォーノォー!」

少々キレ気味。しかしこちらも譲らず!粘り強く交渉!とにかく銭を突き出す!突き出しまくる!これしかないんだと、訳もなくこちらもキレ気味になる!すると、交渉15分の末・・・

店員・・・「オーケーオーケー」

見事にゲット!

この様に、商品をゲットする以外にも、価格交渉を楽しめるという二重の喜びがあります。

いやぁ、ナイトバザールって、本当に面白いですね。それでは今回はこの辺で。

さよなら、さよなら、さよなら・・・。

投稿日2013年08月20日

投稿者:ロッジ

ページトップへ