まめ知識|【メルマガ3月号|今月の特集】持ち家×賃貸 徹底比較!!

文字サイズ

  • 不動産情報文字の大きさ標準
  • 不動産情報文字の大きさ拡大

不動産住宅ローンの金融機関店頭金利情報

広島銀行|3年固定
0.95%
広島銀行|5年固定
1.15%
広島銀行|10年固定
1.35%
もみじ銀行|3年固定
1.10%
もみじ銀行|5年固定
1.10%
もみじ銀行|10年固定
1.20%
広島信金|3年固定
0.95%
広島信金|5年固定
1.15%
広島信金|10年固定
1.35%

まめ知識

【メルマガ3月号|今月の特集】持ち家×賃貸 徹底比較!!

2014年03月01日

「家賃並みのローン金額で家が買える!」とはよく聞く話ですが、賃貸と持ち
 家では、物件にかかるお金以外の諸費用や、ライフスタイルにも大きな違いを
 与えます。では、どう違うのか、様々な視点から検証して見ましょう!!
 
 ☆費用面での比較☆

 {入居初期費用}
 初期費用は持ち家のほうが負担が重くなります。頭金0円でもOKの物件も増えて
 きていますが、諸費用として物件価格の3~8%が必要になります。一方、賃貸
 の場合の初期費用は、礼金と敷金が抑えられた物件も増えてきているので、負
 担は少なくて済みます。
 
 {年間費用}
 賃貸は、家賃と更新費(2年に1度家賃の1か月分が必要となる場合が多い)を負
 担します。持ち家は、ローン返済の他に、管理費・修繕積立金(マンションの
 場合)、固定資産税などの税金がかかります。ローン返済が終了すれば、管理
 費・修繕積立金と税金のみの支払いになるので、負担はグッと軽くなります。
 
 {総支払額}
 同じ条件の物件で大まかな平均寿命の80歳までの総支払額を比較すると、持ち家
 のほうが賃貸より少なくなります。持ち家は初期費用は掛かりますが、ローンと
 管理費などの諸費用を含めても、賃貸の年間支払額よりも持ち家は少ない金額で
 済みます。また、ローン終了後の収入が少なくなる年齢になってからは諸費用と
 税金のみで住み続けられるのも、大きな金額差となって表れます。賃貸は、初期
 費用はかかりませんが、生涯にわたって家賃を払い続けなければならないのが大
 きな負担に。定年後の収入が減る年齢になると、借りられる賃貸物件が少なくな
 る傾向もあります。また、引っ越しなどをする場合は、新たに引っ越し費用や礼
 金・敷金が必要になる場合もあります。

 ☆リスク面での比較☆

 {賃貸の場合のリスク}
    ・所得が減少する年齢になっても家賃を払い続けなければならない。
    ・高齢者は賃貸物件を借りにくい傾向にある。
    ・不測の事態にも、家賃を支払い続ける必要がある。

 賃貸は「住宅ローン」を背負う必要がなく、所得やライフスタイルに見合った物
 件を選ぶことができるので、定期収入のある「現役」世代でのリスクは少ないと
 考えられます。しかし、問題は「老後」。所有している家がないため、死ぬまで
 家賃を払い続けなければなりません。高齢者の入居を避けたい大家も多く、賃貸
 物件も徐々に探しにくくなる場合があります。
 また、賃貸の場合は、不測の事態で一家の大黒柱に万が一のことがあって、所得
 が大きく減っても家賃は払い続けなければなりません。そのため、他の生命保険
 の保障を厚くするなど、万が一に備える必要があります。

 {持ち家の場合のリスク}
    ・土地の値段が下がり、資産価値が減少する可能性がある。
    ・ローンの返済で変動金利を選択した場合、金利上昇により、支払額が増
     大する可能性がある。

 持ち家の場合は、不動産価値下落の「資産価値の減少」と、住宅ローンの支払額
 が上昇する「金利上昇」のリスクがあります(ローン返済で変動金利を選択した
 場合)所得が減少しても住宅ローンの負担は変わらず、所得に応じた柔軟な対応
 が難しいのもリスクと言えます。
 ただし「持ち家」は財産となるので、万一の事態には売却などの手段をとること
 ができます。また、一家の大黒柱が不測の事態に陥った場合でも、持ち家ならば
 ローン借入時に加入する「団体信用生命保険」によりローン残額が支払われるた
 め、そのまま居住することができます。
 
【まとめ】
 
 賃貸と持ち家ともにメリット、デメリットがあります。大切なのは、将来のこと
 もしっかりと見据えた上で比較することです。どちらが良いかお悩みになられた
 ら、まずは一度ご相談してみてはいかがでしょうか?
 少しでもお客様に満足して頂けれるように、素敵な住宅提案を行っていきます!
 まずは思った時がタイミング!!
 気になる物件がございましたら、まずはお気軽にお問い合わせしてください!

 

ページトップへ